日本コンクリート工業株式会社

トップページ > 基礎 > 杭継手・杭頭処理工法 / 固定式杭頭処理工法 F.T.Pile構法
F.T.Pile構法

F.T.Pile構法

耐震性の向上と杭基礎の合理化を実現する

耐震性の向上と杭基礎の合理化を実現する

F.T.Pile構法は、既製コンクリート杭に対応した杭頭半剛接合構法(杭頭半固定構法)です。定着鉄筋を用いずに、F.T.キャップを用いて杭頭と基礎を接合します。地震時には杭頭部が回転するため、杭頭部の曲げモーメントを低減し、損傷を大幅に軽減します。杭頭曲げモーメントの低減により、杭と基礎梁の縮小、およびそれに伴う掘削土量の削減が可能です。また、最適設計により、従来構法に比較してフーチングの大きさを縮小できます。2004年には国土交通省の国土技術開発賞を受賞しました。

認定・評定

認定・評定

国土交通省大臣認定

■評定番号

  • ●BCJ評定-FD0141-02
施工図

施工図

施工図
特徴

特徴

  1. (1)耐震性の向上

    地震時に生じる杭および基礎梁の曲げモーメントを低減することによって、地震時の損傷を極めて小さくでき、極大地震を受けた場合でも継続使用が可能であることを実験と解析により確認しました。

  2. (2)基礎の合理化

    杭頭接合部に特別な装置などを必要としないシンプルかつ低コストな杭頭接合方法です。杭頭曲げモーメントの低減により、杭と基礎梁の縮小、およびそれに伴う掘削土量の削減が可能です。

  3. (3)施工性の向上

    F.T.キャップを杭頭に被せるだけで作業が完了します。また、定着鉄筋がないため基礎の配筋作業も容易になり、工期短縮に貢献します。

設計方法

設計方法

設計方法についてはお問い合せください。

適合条件

適合条件

φ300~φ1200mmの全ての既製コンクリート杭

データダウンロード
  • ●F.T.Pile構法カタログpdf