日本コンクリート工業株式会社

トップページ > 基礎 > 高支持力工法 / プレボーリング系高支持力工法 Hyper-ストレート工法
Hyper-ストレート工法

Hyper-NAKSII工法

プレボーリング拡大根固め工法による高支持力工法

中掘り拡大根固め工法による高支持力工法

Hyper-ストレート工法は、全掘削工程が同径のストレート掘削工法で、高支持力を得るための専用下杭を使わず、標準の既製コンクリート杭を使用するシンプルなプレボーリング系高支持力工法です。本工法は掘削装置のへッド、スクリューおよび攪拌ロッドを用いて掘削液を吐出しながらプレボーリングを行い、掘削孔を築造します。同径にて所定の深度まで掘削した後、同配合の根固め液・杭周固定液を注入し、杭を自沈または回転により所定の支持層に1D以上挿入します。また、高精度で効率的に施工をサポートする施工管理装置を活用することで、根固め球根部の築造管理や支持層管理をリアルタイムで行い、品質確保に努めております。

認定・評定

認定・評定

国土交通省大臣認定

■認定番号

  • ●砂質地盤  TACP-0404pdf
  • ●礫質地盤  TACP-0405pdf
  • ●粘土質地盤 TACP-0453pdf
施工図

施工図

施工図
特徴

特徴

  1. (1)シンプルな施工

    Hyper-ストレート工法は、全掘削工程を同径で施工するストレート掘削のため、施工管理が容易で工期も短縮されます。

  2. (2)標準既製コンクリート杭を使用

    高支持力を得るための専用下杭が不要で、従来の標準既製コンクリート杭が使用可能です。PHC杭、PRC杭、SC杭、ST杭(水平力を得るために頭部を拡大する場合)などの既製コンクリート杭及び鋼管杭(上杭)の使用ができ、下杭は杭径は300mmから1000mm、上杭及び中杭は300mmから1200mmとしています。

     

  3. (3)低コストで高支持力

    先端支持力係数αが363と旧大臣認定工法に比べ45%アップし、大幅なコストダウンが図れます。また、施工地盤から杭先端までの最大施工深さは64.5mとなります。

  4. (4)施工管理

    Hyper-ストレート工法での施工時には「施工管理装置」を活用することで、根固め球根部の築造管理や支持層管理をリアルタイムに行い、工事品質管理と信頼性の高い施工が可能です。施工管理者が操作ボックスのモニターを操作・確認しながら確実に施工管理ができます。(積分電流計、流量計など)

支持力計算式

支持力計算式

支持力算定式
  • 適合条件

    適合条件

    認定番号 適応杭径 適応地盤 適応施工長
    TACP-0404 φ300~φ1000(*) 砂質地盤 杭施工地盤面-64.5m
    TACP-0405 礫質地盤

        (*)水平力を得るために使用する上杭・中杭の拡頭杭径は最大φ1200まで使用可能

    データダウンロード
    • ●Hyper-ストレート工法カタログpdf
    • ●Hyper-ストレート工法リーフレットpdf
    • ●杭工事の標準作業ヤードpdf
    • ●材料及び資機材搬送計画pdf
    無溶接継手工法 建築用パイル