日本コンクリート工業株式会社

トップページ > 基礎 > 一般工法 / 中掘り工法 NAKS工法
NAKS工法

NAKS工法

中掘り拡大根固め工法による一般工法

中掘り拡大根固め工法による一般工法

NAKS工法は、既製コンクリートパイルを用いた埋め込み杭工法に分類される中掘り拡大根固め工法です。本工法は、杭の中空部に挿入したスパイラルオーガと特殊構造の機械式または油圧式の拡大ビットにより杭先端の地盤を掘削し、杭を自重または強制圧入力により沈設するものです。この拡大ビットは支持層付近までは杭外径以下で掘削し、支持層付近に達した後は拡大翼を杭外径より大きく開き、根固め液と支持層の砂・礫の混合によって杭の先端に拡大球根を築造します。

認定・評定・証明書

認定・評定

旧法第38条既認定工法

■整理番号

  • ●砂質・礫質地盤 FK046pdf
施工図

施工図

施工図
特徴

特徴

  1. (1)信頼できる実績

    中掘り工法の開発社である当社が中掘り認定工法として大臣認定を受けて以来、建築工事や土木工事を問わず各方面で高い評価を頂いております。また、当工法は道路橋示方書のセメントミルク噴出攪拌方式に該当する工法です。

  2. (2)支持力が大きくとれ、しかも安全確実な工法です

    拡大ビットは拡大状態を地上で確認できるため、確実な拡大球根が築造でき、その拡大球根が大きな支持力を発揮します。

  3. (3)残土量が少ない

    掘削・沈設に泥水を用いないため、残土量を大幅に削減できます。

  4. (4)施工精度の向上

    杭自体がケーシングとした中掘り工法の採用により、長尺杭の施工に適し、かつ鉛直精度及び水平精度とも大幅に向上できます。

  5. (5)低騒音低振動で二次公害がありません

    杭の沈設は中掘り工法で、また、支持力の発現は拡大ビットと根固め液によるため、騒音・振動は極めて小さく、さらに、掘削時には土質安定液を使用しないため新たな二次公害の発生が防げます。

支持力計算式

支持力計算式

施工図
適合条件

適合条件

整理番号 適応杭径 適応地盤 適応施工長
FK046 φ450~φ1000 砂質地盤 杭施工地盤面-80m
礫質地盤 杭施工地盤面-80m
データダウンロード
  • ●NAKS工法カタログpdf
  • ●基礎工法 諸条件選定表pdf
  • ●杭工事の標準作業ヤードpdf
  • ●材料及び資機材搬送計画pdf
無溶接継手 建築用パイル

土木用パイル