日本コンクリート工業株式会社

トップページ >基礎 > 一般工法 / 打撃工法 プレボーリング併用打撃工法
プレボーリング併用打撃工法

プレボーリング併用打撃工法

杭の打撃貫入に油圧ハンマーを用いた一般工法

杭の打撃貫入に油圧ハンマーを用いた一般工法

プレボーリング併用打撃工法は既製コンクリートパイルを用いた打ち込み工法の一種です。打撃回数や騒音・振動を低減する目的で支持層手前までプレボーリングを行い、その後、油圧ハンマーで支持力発現深度まで打撃貫入する工法です。

施工図

施工図

施工図 施工図
特徴

特徴

  1. (1)標準的な工法です

    国土交通省告示第1113号に規定される工法です。

  2. (2)信頼性が高い

    打撃時に測定記録される1打撃当たりの貫入量やリバウンド量から、杭の支持力を客観的に確認できる信頼性の高い工法です。

  3. (3)経済性が高い

    使用機械が少なく経済性が高い工法です。

  4. (4)騒音・振動

    打撃貫入による支持力発現のため、騒音・振動が発生します。

支持力計算式

支持力計算式

施工図
適合条件

適合条件

国土交通省告示 適応杭径 適応地盤 適応施工長
第1113号 φ300~φ800 砂質地盤 杭施工地盤面-60m
礫質地盤 杭施工地盤面-60m
粘土質地盤 杭施工地盤面-60m
データダウンロード
  • ●基礎工法 諸条件選定表pdf
  • ●杭工事の標準作業ヤードpdf
  • ●材料及び資機材搬送計画pdf
無溶接継手 建築用パイル