ハイビーエム(H・B・M)工法とは


工法概要

施工工法
※画像をクリックすると少し大きな画像が見られます。

ハイビーエム施工工法
ハイビーエム工法は、従来のプレボーリング根固め工法を基本に、拡径杭HBパイルを用いて支持層での先端支持力を飛躍的に増大させました。
杭周面摩擦についても砂質上、粘性土ともに「告示1113号」による新しい支持力係数の評価に十分に適応した、まさに新時代の埋込工法です。
適合条件
1. 杭先端地盤種別………………砂質地盤、礫質地盤
2. 杭   径……………………φ300〜φ800(900)(φ900はEタイプ杭)
3. 最大施工深さ(実績値)……砂礫層66m  砂層70m



 特      長

@大きな鉛直支持力
先端支持力計数(α)が従来の250から550(軸部換算)に、周面摩擦力が砂質土3.1倍、
粘性土1.6倍にUP!

A大きな水平支持力
Eタイプ杭(拡頭杭)を使用し、1サイズ大きい杭を接続することで大きな水平力を確保!
B確実な支持力
拡径杭HBパイルを使用し、球根部に軸力を確実に伝達!
杭周固定液の性能を高め、確実に摩擦支持力を発揮!
C摩擦杭にも対応
摩擦支持力が大きく、従来しじできなかった中間層支持や摩擦杭にも対応可能!
D環境にやさしい
他工法より小径の杭で設計が可能であるため発生する残土量が減少し環境にやさしい!
E安価な設計
小径杭になるためフーチングの縮小化も可能!

カタログ請求はこちらから→


より詳しい情報は是非カタログをご覧ください。

TEL 03−5462−1030
 
大阪支店
TEL 06−4963−6911
 
名古屋支店
TEL 052−581−0666
 
福岡支店
TEL 092−411−2005
 
四国支店
TEL 0898−72−5225

技術的なお問い合わせは技術サービス部へお気軽にお問い合わせ下さい。



Copyright (c) 1998-2005 Nippon Concrete Industries Co,. LTD. All rights reserved.