日本コンクリート工業株式会社

トップページ基礎 > 建築用パイル/超高強度コンクリートパイル(FC=105N/mm2
ONA105パイル

ONA105パイル

ONA105パイルは高支持力工法に用いるために開発され、超高強度コンクリートの採用により大きな軸方向耐力を有する設計基準強度Fc=105N/mm2のPHCパイルです。コンクリート厚さはJIS規定厚さ「1」と当社設定厚さ「2」「3」の3種類があり、導入プレストレス量によりA種が4N/mm2、B種が8N/mm2、C種が10N/mm2の3種類があります。
ONA105-Sパイルは「Hyper-NAKS工法」「Hyper-NAKSII工法」の下杭に使用するための特殊加工を施したPHCパイルです。

構造図

構造図

ONA105パイル
規格

規格

杭 径 D=φ300~φ1200mm(A1,B1,C1 A2,B2,C2 A3,B3,C3種)
杭 長 L=4m~15m
データダウンロード
  • ●PHC105 カタログpdf
このページのトップへ SC105パイル

 

SC105パイルは、引張力を担う外殻鋼管の内側に、遠心締固めにより圧縮力を担う超高強度コンクリートをライニングした合成杭で、曲げ変形能力に優れた杭です。コンクリートの設計基準強度は105N/mm2で、外殻鋼管との一体性を保持させるためコンクリートには膨張材を混入しています。鋼管材質により、SKK400材のSC-ONA105パイルと、SKK490材のHi-SC105パイルがあります。コンクリート厚さはJIS規定厚さ「I」と当社設定厚さ「II」の2種類があります。

構造図

構造図

SC105パイル
規格

規格

杭 径 D=φ318.5~φ1200mm(ts=4.5mm~22.0mm)
杭 長 L=4m~15m
データダウンロード
  • ●SC105 カタログpdf
このページのトップへ HF-ONA105パイル

HF-ONA105パイル

HF-ONA105はプレボーリング系高支持力杭工法の「Hyper-MEGA」に使用することを主用途とするパイルです。導入プレストレス量によりA種 4N/mm2、B種 8N/mm2、C種 10N/mm2の3種類があり、杭の厚さはJISで規定された厚さの「1」と弊社規定の「2」「3」があります

呼び名の構成
本体部径タイプ構造図

本体部径タイプ構造図

HF-ONA105パイル本体部径タイプ構造図
規格

規格

呼び名 D1D2・D3=3044・30~100120・100(A1,B1,C1 A2,B2,C2 A3,B3,C3種)
杭 長 L=2m~15m
節部径タイプ構造図

節部径タイプ構造図

HF-ONA105パイル節部径タイプ構造図
規格

規格

呼び名 D1D2・D3=3044・45~100120・120(A1,B1,C1, A2,B2,C2 A3,B3,C3種)
杭 長 L=2m~15m
データダウンロード
  • 準備中
このページのトップへ HM-ONA105パイル

HM-ONA105パイル

Hyper-MEGA工法の下杭先端に使用するHM-ONAパイルは、軸部径より150~200mm太くした節部を設けることで、杭先端支持力係数α=300~858を可能としました。コンクリート厚さは当社設定厚さとしてします。

構造図

構造図

HM-ONA105パイル
規格

規格

呼び名 D1D2・D3=3045・45~100120・120
杭 長 L=2m
データダウンロード
  • ●HM-ONA仕様書pdf
このページのトップへ NCS-HB105パイル

NCS-HB105パイル

H・B・M工法の下杭に使用するNCS-HB105パイルは、杭先端部の外径を本体部より50~150mm太くするとともに2条の溝を設けることで、杭先端支持力係数α=400を可能としました。コンクリート設計基準強度Fc=105N/mm2を有し、コンクリート厚さはJIS規定厚さ「1」と当社設定厚さ「2」「3」の3種類があり、導入プレストレス量によりA種が4N/mm2、B種が8N/mm2、C種が10N/mm2の3種類があります。

構造図

構造図

NCS-HB105パイル
規格

規格

杭 径 D1[D2]=φ300[φ350]~φ900[φ1000]mm(A1,B1,C1 A2,B2,C2 A3,B3,C3種)
杭 長 L=4m~15m
データダウンロード
  • ●HB105 カタログpdf
このページのトップへ NCS-ST105パイル

NCS-ST105パイル

NCS-ST105パイルは杭上部に本体部よりも50mmまたは、100mm太い拡径部を設けた杭で、大きな水平力を得るために軸径部より太い杭を上部に接続するための杭です。コンクリート設計基準強度Fc=105N/mm2を有し、コンクリート厚さはJIS規定厚さ「1」と弊社設定厚さ「2」「3」の3種類があります。

構造図

構造図

NCS-ST105パイル
規格

規格

杭 径 D1[D2]=φ300[φ350]~φ1100[φ1200]mm(A1,B1,C1 A2,B2,C2 A3,B3,C3種)
杭 長 L=4m~15m
データダウンロード
  • ●ST105 カタログpdf
このページのトップへ HiDuc-CPRC105パイル

HiDuc-CPRCパイル

HiDuc-CPRC105パイルは(社)コンクリートパイル建設技術協会がPRCパイルの仕様を統一規定させたコピタ型PRCパイルです。有効プレストレス量と軸方向異形棒鋼量を規定するとともに、せん断補強筋量を道路橋示方書のJIS強化杭に合致させて、高いせん断耐力と高い曲げ耐力を有し、靭性能に優れた杭です。設計基準強度は105N/mm2であり、異形棒鋼を全長配筋しない杭もあります。

構造図

構造図

HiDuc-CPRCパイル
規格

規格

杭 径 D=φ300~φ600mm(I~IV種),φ700~φ1000mm(I~VI種)
杭 長 L=4m~15m
データダウンロード
  • ●CPRC105 カタログpdf
このページのトップへ HF-Duc105パイル

HF-Duc105パイル

HF-Duc105パイルは、耐震性の向上を目的として開発された杭で、PC鋼材と異形棒鋼を軸方向鋼材として用いたコンクリートの設計基準強度F=105 N/mm2の高強度プレストレスト鉄筋コンクリート節杭(PRC節杭)です。
HF-Duc105パイルは、せん断補強筋として高強度鉄筋をらせん状に配置しており、高い曲げ耐力とせん断耐力を有する靭性に優れた杭であり、異形棒鋼を必要長さだけ配置した部分PRC節杭とすることもできます。

呼び名の構成
本体部径タイプ構造図

本体部径タイプ構造図

HF-Duc105パイル本体部径タイプ構造図
規格

規格

呼び名 D1D2・D3=3044・30~6080・60(Ⅰ~Ⅳ種)
杭 長 L=4m~15m
節部径タイプ構造図

節部径タイプ構造図

HF-Duc105パイル節部径タイプ構造図
規格

規格

呼び名 D1D2・D3=3044・40~6080・80(Ⅰ~Ⅳ種)
杭 長 L=4m~15m
データダウンロード
  • ●HF-Duc105カタログ pdf
このページのトップへ エスタス105パイル

エスタス105パイル

エスタス105パイルはSC杭とPHC杭を一体化させ、継手箇所を削減し施工効率を高めた、設計基準強度Fc=105N/mm2の杭です。鋼管で補強された部分を”複合部”、鋼管の定着長部を”定着部”、コンクリート部分を”PHC部”と呼称します。
コンクリート厚さはJIS規定厚さと弊社設定厚さがあり、PHC部の導入プレストレス量により、A種が4N/mm2、B種が8N/mm2、C種が10N/mm2の3種類があります。
エスタス105-Sパイルは「Hyper-NAKS工法」「Hyper-NAKSⅡ工法」の下杭に使用するための特殊加工を施したパイルです。

構造図

構造図

エスタス105パイル
規格

規格

杭 径 D=φ300~φ800mm(ts=6,9,12mm)
杭 長 L=5m~15m
Ls=2.5m~14.5m(鋼管長 Lsは杭径によって異なる場合があります。)
データダウンロード
  • ●エスタス105カタログ pdf
このページのトップへ エスタス105-HMパイル

エスタス105-HMパイル

エスタス105-HMパイルはSC杭とPHC杭を一体化させ、継手箇所を削減し施工効率を高めた設計基準強度Fc=105N/mm2の杭です。Hyper-MEGA工法の下杭に使用するために、軸部径より150~200mm太くした節部を設けることで、杭先端支持力係数α=300~858を可能としました。鋼管で補強された部分を”複合部”、鋼管の定着長部を”定着部”、コンクリート部分を”PHC部”と呼称します。
コンクリート厚さはJIS規定厚さと弊社設定厚さがあり、PHC部の導入プレストレス量により、A種が4N/mm2、B種が8N/mm2、C種が10N/mm2の3種類があります。

構造図

構造図

エスタス105-HMパイル
規格

規格

呼び名 D1D2・D1=3045・30~100120・100(ts=6,9,12mm)
杭 長 L=5m~15m
Ls=3m~13m(鋼管長 Lsは杭径によって異なる場合があります。)
データダウンロード
  • ●エスタス105カタログ pdf
このページのトップへ エスタス105-HBパイル

エスタス105-HMパイル

エスタス105-HBパイルはSC杭とPHC杭を一体化させ、継手箇所を削減し施工効率を高めた設計基準強度Fc=105N/mm2の杭です。H・B・M工法の下杭に使用するために、杭先端部の外径を本体部より50~150mm太くするとともに2条の溝を設けることで、杭先端支持力係数α=400を可能としました。鋼管で補強された部分を”複合部”、鋼管の定着長部を”定着部”、コンクリート部分を”PHC部”と呼称します。
コンクリート厚さはJIS規定厚さと弊社設定厚さがあり、PHC部の導入プレストレス量により、A種が4N/mm2、B種が8N/mm2、C種が10N/mm2の3種類があります。

構造図

構造図

エスタス105-HBパイル
規格

規格

杭 径 D1[D2]=φ300[φ350]~φ900[φ1000]mm(ts=6,9,12mm)
杭 長 L=5m~15m
Ls=2.5m~14m(鋼管長 Lsは杭径によって異なる場合があります。)
データダウンロード
  • ●エスタス105カタログ pdf
このページのトップへ エスタス105-STパイル

エスタス105-STパイル

エスタス105-STパイルはSC杭とPHC杭を一体化させ、継手箇所を削減し施工効率を高めた設計基準強度Fc=105N/mm2の杭です。杭下部に本体部よりも50mm~200mm太い拡径部を設け、水平力を得るために軸径部より太い杭を下部に接続します。鋼管で補強された部分を”複合部”、鋼管の定着長部を”定着部”、コンクリート部分を”PHC部”と呼称します。
コンクリート厚さはJIS規定厚さと弊社設定厚さがあり、PHC部の導入プレストレス量により、A種が4N/mm2、B種が8N/mm2、C種が10N/mm2の3種類があります。

構造図

構造図

エスタス105-STパイル
規格

規格

杭 径 D1D2=φ300[φ350]~φ1100[φ1200]mm(ts=6,9,12mm)
杭 長 L=5m~15m
Ls=2.5m~14m(鋼管長 Lsは杭径によって異なる場合があります。)
データダウンロード
  • ●エスタス105カタログ pdf
このページのトップへ