menu

お問い合わせ

閉じる

基礎 foundations 基礎 foundations

FOUNDATIONS

印刷

地中熱利用システム

地中熱利用ヒートポンプシステム

地中熱利用ヒートポンプシステム

地中熱利用ヒートポンプシステムへの対応

年間を通じて16℃前後と安定した地中熱利用して建物の空調等を行うシステムが、環境保全意識の高まり等から近年多く取り入れられるようになりました。当社では、建物の基礎として施工された既製コンクリート杭の中空部および外周部を利用して地中熱ヒートポンプシステムに利用する樹脂系熱交換器の設置をいたします。

特長・規格

  • 低コスト
    建物に必要な基礎の既製コンクリート杭の中空部および外周部に、樹脂系U字管等の熱交換器を挿入しますので、専用の地中熱交換孔(ボアホール)を設けるのに対して費用の低減が計れます。
  • 適用範囲
    既成コンクリート杭の中空部に設置する場合、プレボーリング工法、中掘工法いづれも樹脂系熱交換器の設置が可能です。

施工手順

  • 杭打歩掛に影響を与えません。
    (安価に設置できます。)

カタログ

こちらの製品のお問い合わせ

東日本基礎事業
大阪支店
名古屋支店
九州支店
四国支店

製品・施工情報