日本コンクリート工業株式会社

トップページ> 基礎 > 杭継手・杭頭処理工法 / 無溶接継手工法 ペアリングジョイント(PJ)
ペアリングジョイント(PJ)

ペアリングジョイント(PJ)

無溶接が実現する高い機能性、安全性、経済性

無溶接が実現する高い機能性、安全性、経済性

ペアリングジョイントは、内リング及び外リングから構成されており、また杭の端部金具には上杭と下杭をつき合せたときに内リングで挟み込むことができる突起部ができるようになっています。本継手の基本原理は、内リングと外リングの双方にテーパーが付けられていて、外リングを油圧ジャッキで嵌合することによって内リングに拘束力を発生する機構となっており、これによって内リングの突起部を介して、上杭と下杭の端板を締め付けて、継手としての性能を維持するように設定されています。

認定・評定

認定・評定

財団法人 日本建築センター 溶接プレート嵌号式無溶接継手

■評定番号

  • ●BCJ評定-FD0302-03pdf
施工図

施工図

施工図
特徴

特徴

  1. (1)継手の強さは、溶接継手と同等

    曲げ、せん断、引張、衝撃などの強度は、溶接継手と同等以上の強度があります。

  2. (2)すべての既製コンクリート杭に使用可能

    PHC杭をはじめ、SC杭、PRC杭などにも使用できます。

  3. (3)施工管理がしやすく、工期短縮が可能

    施工管理のポイントが明確でチェックが簡単にできます。また、溶接技能者が不要で、機械的に嵌合させる継手のため、能率的で工期の短縮が可能です。

  4. (4)気象の影響をほとんど受けず、火気厳禁の場所でも施工可能

    寒冷地、雨、風、雪などの気象条件に影響されず、安定した施工ができます。また、溶接が不要なため、可燃性ガスの発生しやすい現場や引火物質を扱っている化学工場などの現場でも使用できます。

  5. (5)品質が安定

    工場生産なので、品質が安定しています。

支持力計算式

支持力計算式

施工図
適合条件

適合条件

評定番号

BCJ評定-FD0302-03

杭径

φ300~φ1200

杭種

PJで継ぐ杭の片方は、次のいずれかとします。
①PHC杭:A種、B種、C種
②拡径杭:A種、B種、C種(軸部がPHC杭と同一断面性能のもの)
③節杭:A種、B種、C種(軸部がPHC杭と同一断面性能のもの)
 他方の杭は、次のいずれかとします。
④PHC杭:A種、B種、C種
⑤SC杭
⑥PRC杭
⑦拡径杭:A種、B種、C種(軸部がPHC杭と同一断面性能のもの)
⑧拡径杭:PRC杭(軸部がPRC杭と同一断面性能のもの)
⑨節杭:A種、B種、C種(軸部がPHC杭と同一断面性能のもの)
⑩節杭:PRC杭(軸部がPRC杭と同一断面性能のもの)
⑪鋼管杭

適用工法

打ち込み工法(杭径300~600mm)
埋め込み工法(杭径300~1200mm)