menu

お問い合わせ

閉じる

基礎 foundations 基礎 foundations

FOUNDATIONS

印刷

鋼管杭工法

打撃杭工法

杭の打撃貫入に油圧ハンマーを用いた一般工法

油圧ハンマー打撃工法は打ち込み工法の一種です。施工地盤面から支持力発現深度まで打撃貫入する工法です。

特長・規格

  • 標準的な工法
    国土交通省告示第1113号に規定される工法です。
  • 信頼性が高い
    打撃時に測定記録される1打撃当たりの貫入量やリバウンド量から、杭の支持力を客観的に確認できる信頼性の高い工法です。
  • 経済性が高い
    最もシンプルな工法なので使用機械が少なく経済性が高い工法です。
  • 騒音・振動
    打撃貫入による杭の沈設のため、騒音・振動が発生します。

支持力算定式

支持力算定式

施工手順

支持力算定式
  • 杭芯位置に杭を建て込みハンマーキャップを杭頭にかぶせた後、杭の鉛直度を確認する。
  • 油圧ハンマーによる打ち込みを行なう。
  • 打ち込み終了前に記録用紙に杭の貫入量(S)とリバウンド量(K)を測定・記録し、
    その値から支持力を推定して要求された支持力が確認できたら打ち込みを完了する。

適合条件

左右にスワイプできます

左右にスワイプできます

国土交通省告示 適応杭径 適応地盤 適応施工長
第1113号 φ300~φ800 砂質地盤 杭施工地盤面-60m
礫質地盤 杭施工地盤面-60m
粘土質地盤 杭施工地盤面-60m

カタログ

こちらの製品のお問い合わせ

東日本基礎事業
大阪支店
名古屋支店
九州支店
四国支店

製品・施工情報