menu

お問い合わせ

閉じる

基礎 foundations 基礎 foundations

FOUNDATIONS

印刷

杭継手・杭頭処理工法

FPA工法

簡単、確実、環境にやさしい

FPA工法は、締付け用具を用いてナットを介してFPAボルトを回転させて、杭頭の座板ネジ孔に機械的に接合することにより、杭とフーチングの接合を行う技術です。従来から採用されている既製コンクリート杭の杭頭接合工法では、多くの施工工程が必要とされ、同時に杭頭中空部のソイルセメント等を掘削・処分しなければなりませんでした。FPA工法は、工期短縮と工程の簡略化を図るとともに建設廃棄物の削減に資することを目的とし、設計上必要な性能を確保する確実な施工方法として開発され、多くの実績を上げています。

特長・規格

  • 杭頭接合部の確認が容易で確実
    FPAボルトを機械的に接合し、かつ、接合部を目視で確認し管理できます。
  • 工期の短縮と省力化
    特殊材料や特殊技能が不要で、溶接等もなく天候に左右されません。さらに、杭頭中空部のソイルセメント等を除去する必要がありません。
  • 設計上の要求体力を確保
    FPAボルトを適切に配置することにより、設計上要求される耐力を満足する杭頭接合部が施工されます。
  • 建設廃棄物の削減
    杭頭中空部のソイルセメント等を除去しないため環境にやさしい工法です。

標準構造図

適合条件

設計方法

適合条件

FPAボルトの必要本数や定着長さの算定は、日本建築学会「鉄筋コンクリート構造計算規準・同解説」に従った専用の計算ツールを使用しています。

適合条件

既製コンクリート杭の内、PC鋼線によりプレストレスを導入したPHC杭(節付き杭を含む)と更に異形鉄筋などを用いて補強したPRC杭、引張抵抗用のアンカー筋が付加された特殊仕様のSC杭です。杭頭部にネジ孔付きの座板を有しないカットオフされたPHC杭などは対象外となります。杭頭座板のネジ孔タイプは、全ネジ形とひょうたん形があり、FPA工法はいずれのタイプにも適用できます。FPAボルトの定着長さは、構造実験により20d以上あれば十分であることが確認されています。

カタログ・証明書

こちらの製品のお問い合わせ

東日本基礎事業
大阪支店
名古屋支店
九州支店
四国支店

製品・施工情報