menu

お問い合わせ

閉じる

基礎 foundations 基礎 foundations

FOUNDATIONS

印刷

建築用パイル

エスタス105パイル

エスタス105パイル

取扱商品

105N/㎟:
エスタス105パイル、エスタス105-Sパイル、
エスタス105-STパイル、エスタス105-HBパイル、エスタス105-HMパイル

概要

<エスタス105、エスタス105-Sパイル>
エスタス105パイルはSC杭とPHC杭を一体化させ、継手箇所を削減し施工効率を高めた、設計基準強度Fc=105N/㎟の杭です。鋼管長2.5mから製造できるため、モーメントの分布に応じた経済的な設計が可能です。鋼管で補強された部分を”複合部”、鋼管の定着長部を”定着部”、コンクリート部分を”PHC部”と呼称します。
エスタス105-Sパイルは「Hyper-NAKS工法」「Hyper-NAKSⅡ工法」の下杭に使用するための特殊加工を施したパイルです。

<エスタス105-STパイル>
エスタス105-STパイルは杭下部に本体部よりも50mm~200mm太い拡径部を設け、水平力を得るために軸径部より太い杭を下部に接続しして使用する設計基準強度Fc=105N/㎟の杭です。

<エスタス105-HBパイル>
エスタス105-HBパイルは「H・B・M(ハイビーエム)工法」の下杭に使用するために、杭先端部の外径を本体部より50~150mm太くするとともに2条の溝を設けることで、杭先端支持力係数α=400を可能とした杭です。

<エスタス105-HMパイル>
エスタス105-HMパイルは「Hyper-MEGA工法」の下杭に使用するために、軸部径より150~200mm太くした節部を設けることで、杭先端支持力係数α=300~858を可能とした杭です。

特長・規格

<エスタス105、エスタス105-Sパイル>

  • コンクリート設計基準強度:105N/㎟
  • 壁厚:Ⅰ、Ⅱ(弊社設定厚さ)
  • 杭径:D=φ300~φ1200mm
  • 杭種:A、B、C種
  • 杭長:L=5~15m
  • 鋼管長:Ls=2.5~14.5m(鋼管長Lsは杭径によって異なる場合があります)

<エスタス105-STパイル>

  • コンクリート設計基準強度:105N/㎟
  • 壁厚:Ⅰ、Ⅱ(弊社設定厚さ)
  • 呼び名:D1D2=3035~110120
  • 杭種:A、B、C種
  • 杭長:L=5~15m
  • 鋼管長:Ls=2.5~14m(鋼管長Lsは杭径によって異なる場合があります)

<エスタス105-HBパイル>

  • コンクリート設計基準強度:105N/㎟
  • 壁厚:Ⅰ、Ⅱ(弊社設定厚さ)
  • 呼び名:D1D2=3035~90100
  • 杭種:A、B、C種
  • 杭長:L=5~15m
  • 鋼管長:Ls=2.5~14m(鋼管長Lsは杭径によって異なる場合があります)

<エスタス105-HMパイル>

  • コンクリート設計基準強度:105N/㎟
  • 壁厚:Ⅰ、Ⅱ(弊社設定厚さ)
  • 呼び名:D1D2・D1=3045・30~100120・100
  • 杭種:A、B、C種
  • 杭長:L=5~15m
  • 鋼管長:Ls=3~13m(鋼管長Lsは杭径によって異なる場合があります)

構造図

エスタス105パイル

エスタス105-STパイル

エスタス105-HBパイル

エスタス105-HMパイル

カタログ

N-M I.C.図(建築用)

長期、短期、破壊のN-M曲線になります。

データ更新日 2019年7月11日

こちらの製品のお問い合わせ

東日本基礎事業
大阪支店
名古屋支店
九州支店
四国支店

製品・施工情報