menu

お問い合わせ

閉じる

基礎 foundations 基礎 foundations

FOUNDATIONS

印刷

建築用パイル

STパイル

STパイル

取扱商品

85N/㎟:
NCS-STB、NC-STBパイル
105N/㎟:
NCS-ST105パイル
122.5N/㎟:
NCS-ST123パイル

概要

<NCS-STBパイル、NC-STBパイル>
NCS-STBパイル、NC-STBパイルとはStep Tapered Pilesの略称で杭先端部(Bottom)を本体部よりも50mm~200mm太くした拡径PHCパイルです。杭先端部の閉塞断面積が増大するため、大きな支持力が得られます。また、地盤沈下地帯での「負の摩擦力」に対して極めて効率的な杭です。呼び名7080~90100についてはNC-STBパイルと呼びます。

<NCS-ST105パイル、NCS-ST123パイル>
NCS-ST105パイル、NCS-ST123パイルは杭上部に本体部よりも50mmまたは、100mm太い拡径部を設けた杭で、大きな水平力を得るために軸径部より太い杭を上部に接続するための杭です。

特長・規格

<NCS-STBパイル、NC-STBパイル>

  • コンクリート設計基準強度:85N/㎟
  • 導入プレストレス量:4N/㎟(A種)、8N/㎟(B種)、10N/㎟(C種)
  • 呼び名:D1D2=3035~90100
  • 杭長:L=5~15m

<NCS-ST105パイル>

  • コンクリート設計基準強度:105N/㎟
  • 壁厚:1(JIS規定厚さ)、2、3(弊社設定厚さ)
  • 導入プレストレス量:4(3.6)N/㎟(A種)、8(6.9)N/㎟(B種)、10(8.6)N/㎟(C種)
    ※壁厚「3」のφ500以上はカッコ内の導入量になります
  • 呼び名:D1D2=3035~110120
  • 杭長:L=4~15m

<NCS-ST123パイル>

  • コンクリート設計基準強度:122.5N/㎟
  • 壁厚:1(JIS規定厚さ)、2、3(弊社設定厚さ)
  • 導入プレストレス量:4(3.6)N/㎟(A種)、8(6.9)N/㎟(B種)、10(8.6)N/㎟(C種)
    ※壁厚「3」のφ500以上はカッコ内の導入量になります
  • 呼び名:D1D2=3035~90100
  • 杭長:L=4~15m

構造図

NCS-ST105パイル

カタログ

関連サイト

こちらの製品のお問い合わせ

東日本基礎事業
大阪支店
名古屋支店
九州支店
四国支店

製品・施工情報