menu

お問い合わせ

閉じる

基礎 foundations 基礎 foundations

FOUNDATIONS

印刷

高支持力杭工法

Hyper-NAKS工法

中掘り拡大根固め工法による高支持力杭工法

中掘り拡大根固め工法による
高支持力杭工法

Hyper-NAKS工法は既製コンクリートパイル(下杭はONA105-S)を用いた埋め込み工法に分類される中掘り拡大根固め工法の一種です。本工法は杭中空部に挿入したスパイラルオーガ先端の油圧式拡大ビットにより杭先端の地盤を掘削し、掘削土砂を杭中空部を介してスパイラルオーガにより杭頭部の排土バケットに排出しながら杭自重および強制圧入力により杭を沈設します。所定の杭周固定液注入深度から油圧式拡大ビットを正転拡翼して杭周固定液を注入しながら掘削攪拌して杭を同時沈設させるとともに、引き続き根固め液を注入攪拌し、根固め球根を築造して杭先端部を定着させる工法です。

特長・規格

  • 信頼性
    中掘り工法の開発社である当社が昭和56年3月に建設大臣認定工法「NAKS」を取得以降四半世紀にわたり培ったノウハウを再構築し開発した工法です。
  • 大きな鉛直支持力
    先端支持力係数αが従来の250から360(旧認定工法の1.44倍)に向上。杭周固定液の注入により大きな杭周面摩擦力も得られます。
  • 確実な拡大根固め球根の築造
    拡大ビットは全ての杭径に対し当社が長年培ってきた油圧力による強制拡大ビット技術を採用し、より確実な拡大根固め部の築造が可能です。
  • 残土量が少ない
    掘削・沈設に泥水を用いないため、残土量を大幅に削減できます。
  • 施工精度の向上
    杭自体がケーシングとした中掘り工法の採用により、長尺杭の施工に適し、かつ鉛直精度及び水平精度とも大幅に向上。

支持力算定式

支持力算定式

施工手順

施工手順

適合条件

左右にスワイプできます

左右にスワイプできます

認定番号 適応杭径 適応地盤 適応施工長
TACP-0161 φ500~φ1200 礫質地盤 杭施工地盤面-65m
TACP-0162 砂質地盤 杭施工地盤面-71m

カタログ

認定・評定・証明書

国土交通省大臣認定
■認定番号

関連サイト

こちらの製品のお問い合わせ

東日本基礎事業
大阪支店
名古屋支店
九州支店
四国支店

製品・施工情報