menu

お問い合わせ

閉じる

基礎 foundations 基礎 foundations

FOUNDATIONS

印刷

杭継手・杭頭処理工法

キャプリングパイル工法

シンプルでコストパフォーマンスに優れています

キャプリングパイル工法(CP工法)とは、プレキャストコンクリート製のリング(PCリング)を杭頭に被せ、杭と基礎とを接合する工法です。このPCリングを介して地震時に生じる上部構造からのせん断力を杭に伝達させます。杭頭を半固定状態とすることで、杭頭に集中する地震時の応力が緩和できるため杭材の損傷を軽減できるだけではなく、杭や基礎梁等のコスト低減が図れます。また、既製杭の杭頭部に引抜き抵抗力用に必要な引張定着筋を挿入、中詰めコンクリートを打設し、地震時に発生する杭頭引張力の伝達を図るタイプもあります。

特長・規格

  • 簡単施工、施工性向上
    杭頭の納まりがシンプルなため、施工が速くて簡単です。
  • 杭の耐震性の向上
    杭頭の曲げモーメントが低減でき、在来工法に比べて耐震性が向上できます。
  • 基礎梁・杭のコスト低減が可能
    杭頭モーメントの低減により、基礎梁や杭の断面が小さくでき、コンクリート量・鉄筋量の大幅な削減が可能です。また、PCリングのコストも極めて安価です。
  • 掘削土量の低減
    廃土量が低減できる環境に優しい工法です。

標準構造図

設計方法

設計方法

設計方法

適合条件

既製杭(PHC杭、SC杭、鋼管杭等) φ300~φ1200
場所打ち杭 φ800~φ2000

TCP工法は場所打ち工法には使用できません。

カタログ

関連サイト

こちらの製品のお問い合わせ

東日本基礎事業
大阪支店
名古屋支店
九州支店
四国支店

製品・施工情報