menu

お問い合わせ

閉じる

基礎 foundations 基礎 foundations

FOUNDATIONS

印刷

杭継手・杭頭処理工法

トリプルプレートジョイント土木

T・P JOINTが誇る、確実、強靭、簡便な優れた機能

トリプルプレートジョイントは、端板、側板、補強バンド、接続プレートおよび接続ボルトから構成されています。杭本体の継手金具は、端板、側板、補強バンドからなり、側板に接続プレートのボルト孔に対応したネジ孔が切られています。端板と接続プレートは、合わせた時にお互いに嵌号する凸凹形となっており、側板のネジ孔に接続ボルトを取り付けることにより凹凸を嵌号し、この嵌号部により杭に作用する応力を伝達します。なお、接続ボルトは、杭に引張力が作用した時の接続プレートの離脱防止の役目をしています。

特長・規格

  • 性能
    溶接継手と同等の性能を有しています。また、接続プレートの杭本体からの突き出しが小さいので杭周面摩擦力への影響が少ないです。
  • 気象条件・場所を選ばない
    気象条件(風、雨、気温等)の影響を受けず、安定した施工ができます。また、火を使わないので、火気厳禁の現場や工場でも安全に施工ができます。
  • 施工性
    接続プレートを3分割して軽量化を図っているので、取扱いが容易です。また、溶接継手と比較して施工時間が格段に短くなります。
  • 施工管理
    接続ボルトの締付けはトルクレンチを使用し、特殊な工具及び特殊な技能者を必要としないので、施工管理が容易です。
  • 品質
    全ての部品は工場生産なので、品質の信頼性が確保されています。

標準構造図

標準構造図

施工手順

標準構造図

適用範囲

杭種 既製コンクリート杭(PHC杭※1、SC杭)
杭径 300~1200mm
PHC杭+PHC杭の場合:300~1200mm
PHC杭+SC杭の場合:300~1200mm
SC杭+SC杭の場合:355.6~1200mm
SC杭+SC杭(タイプS※2)の場合:318.5~1000mm
コンクリートの設計基準強度 80N/㎟以上
適用工法 プレボーリング杭工法
ただし、杭頭には使用しないものとする。

※1:PHC杭は JIS A 5373 付属書Eの規格に適用するものとする。

※2:タイプSは、SC杭+SC杭における継手の仕様を変更し、適用最大鋼管厚を厚くしたものである。

カタログ

証明書

トリプルプレートジョイント(技術名称「T・P JOINT」は「継手部の力学特性」「支持力への影響」「施工性」について、一般財団法人土木研究センターの「建設技術審査証明事業(土木系材料・製品・技術、道路保全技術)」により審査され、平成29年12月18日に建技審証第1702号を取得しました。

□認定番号
●建設技術審査証明 1702号
(一般財団法人 土木研究センター)

技術審査証明書 [906KB]

こちらの製品のお問い合わせ

東日本基礎事業
大阪支店
名古屋支店
九州支店
四国支店

製品・施工情報