日本コンクリート工業株式会社

日本コンクリート工業株式会社 沿革

日本コンクリート工業株式会社 沿革

  • 昭和22年縲鰀30年

    昭和23年8月

    茨城県下館市(現筑西市)所在の鉄道電気工業株式会社
    (現日本電設工業株式会社)川島工場より分離し、
    地下埋設ケーブル防護用コンクリートトラフの製造販売を主目的として、
    資本金1百万円にて発足
    本店、東京都渋谷区大和田町

  • 昭和26年3月

    増資(3百万円)

  • 昭和26年9月

    「NC式」鋼線コンクリートポールを発明

  • 昭和27年3月

    増資(10百万円)
    本店を東京都中央区銀座東に移転

  • 昭和28年7月

    増資(20百万円)

  • 昭和29年8月

    増資(50百万円)

  • 昭和31年縲鰀40年

    昭和31年8月

    増資(80百万円)
    三重県に鈴鹿工場を建設

  • 昭和33年6月

    増資(160百万円)

  • 昭和34年10月

    川島工場敷地内に研究室を開設

  • 昭和35年2月

    大阪営業所(現大阪支店)を開設

  • 昭和36年4月

    増資(320百万円)

  • 昭和36年10月

    東京証券取引所市場第二部に上場

  • 昭和38年6月

    増資(640百万円)

  • 昭和38年12月

    名古屋営業所(現名古屋支店)を開設

  • 昭和41年縲鰀50年

    昭和41年8月

    本店を東京都港区新橋に移転

  • 昭和42年2月

    増資(1,280百万円)

  • 昭和42年10月

    東京証券取引所市場第一部に上場

  • 昭和43年9月

    壁体パイルを開発

  • 昭和45年4月

    従来のPCパイルに改良を加えた超高強度ONAパイルを開発

  • 昭和46年5月

    米国・セントリコン社に対し、ポール・パイルの製造技術を供与

  • 昭和47年3月

    SP-ONAパイルを開発

  • 昭和48年8月

    増資(1,600百万円)

  • 昭和48年12月

    増資(2,000百万円)

  • 昭和49年5月

    川島第5工場を建設

  • 昭和51年縲鰀63年

    昭和52年8月

    増資(2,200百万円)

  • 昭和56年3月

    NAKS工法の鉛直支持力の取扱いについて建設大臣認定を受ける
    (建設省東住指発第50号)

  • 昭和56年12月

    インドネシア国P.T.ヒューム・サクティ・インドネシア社に
    ポール・パイルの製造技術を供与

  • 昭和59年8月

    HYSINCハンマの施工性能等に関して、建設省より評価を受ける
    (建技評第83105号)

  • 昭和60年1月

    RODEX工法の鉛直支持力の取扱いについて建設大臣認定を受ける
    (建設省東住指発第18号)

  • 昭和60年11月

    当社の資本参加のもとにマレーシア国ゼン・コンクリート工業(株)を
    設立し、ポールの製造技術を供与

  • 昭和63年1月

    茨城県下館市(現筑西市)に多目的プレハブ製品製造工場を建設

  • 昭和63年10月

    川島工場「工業標準化及び品質管理実施優良工場」として
    通商産業大臣賞を受賞

  • 平成元年縲鰀10年

    平成2年5月

    当社の資本参加のもとにタイ国タイ日本コンクリート工業(株)を
    設立し、パイルの製造技術を供与

  • 平成5年10月

    鈴鹿工場「工業標準化及び品質管理実施優良工場」として
    通商産業大臣賞を受賞

  • 平成6年8月

    増資(2,658百円)

  • 平成8年7月

    本店を東京都港区港南に移転

  • 平成11年縲鰀20年

    平成11年2月

    EX-ONAパイルの許容応力度等の取扱いについて建設大臣認定を受ける
    (建設省東住指発第29号)

  • 平成12年6月

    ポール、パイルおよび地中埋設用プレキャスト製品の設計、
    開発および製造についてISO9001の登録

  • 平成15年1月

    製品輸送業務の効率化を目的として、
    物流会社NCロジスティックス(株)を設立

  • 平成15年2月

    ハイビーエム(H・B・M)工法の鉛直支持力の取扱いについて
    建設大臣認定を受ける(国住指第7732号、第7733号)

  • 平成15年4月

    四国支店を開設

  • 平成15年7月

    福岡支店を開設
    コンクリートセグメント事業の強化を目的として、
    佐栄建工(株)(現NCセグメント(株))を子会社化

  • 平成17年2月

    Hyper-NAKS(ハイパーナックス)工法の鉛直支持力の
    取扱いについて国土交通大臣認定を受ける(TACP-0161、0162)

  • 平成18年2月

    増資(3,658百万円)

  • 平成18年5月

    Hyper-MEGA(ハイパーメガ)工法の鉛直支持力の
    取扱いについて国土交通大臣認定を受ける(TACP-0211)

  • 平成19年2月

    NC関東パイル製造(株)を設立

  • 平成19年3月

    大径高支持力杭専用の古河工場を建設

  • 平成19年4月

    鎌倉社宅跡地に有料老人ホーム建設

  • 平成19年8月

    川島工場をNC東日本コンクリート工業(株)として、
    鈴鹿工場をNC中日本コンクリート工業(株)として分社

  • 平成20年8月

    リサイクル事業会社 日本エコテクノロジーズ(株)
    (略称「Net’s」)を設立

  • 平成20年10月

    高支持力杭向け端面金具工場を古河工場内に建設

  • 平成21年縲鰀

    平成21年1月

    Hyper-NAKSII工法の鉛直支持力の取扱いについて国土交通大臣認定を受ける
    (TACP-0319、0320)

  • 平成21年7月

    NC佐栄建工(株)よりNCセグメント(株)に商号変更

  • 平成22年9月

    中国、建華パイル社と業務提携推進

  • 平成23年3月

    NCエコポールをNTT西日本が仕様化

  • 平成23年4月

    (株)武井工業所と業務提携締結

  • 平成23年11月

    NC関東パイル製造(株)完全子会社化

  • 平成24年2月

    ベトナム、Beton6社と業務提携締結

  • 平成24年3月

    Hyper-ストレート工法(ハイパーストレート)の許容支持力について国土交通大臣認定を受ける(TACP-0404・0405)

  • 平成24年8月

    ジャパンパイル㈱より防音建材ポアセル事業を譲り受ける。

  • 平成24年10月

    NC中部パイル製造(株)(旧近畿日本コンクリート工業㈱)を完全子会社化。

  • 平成25年2月

    ミャンマー、MaGa Manufacturing Company Ltd.と業務提携締結。

  • 平成25年4月

    インドネシア、PT WIJAYA KARYA BETONと業務提携締結。

  • 平成25年5月

    経営理念の改定

  • 平成25年10月

    本店を東京都港区芝浦に移転

  • 平成26年2月

    増資(5,111百万円)

  • 平成26年3月

    Hyper-ストレート工法が粘土質地盤における鉛直支持力の取扱いについて国土交通大臣の認定を受ける。(TACP-0453)