日本コンクリート工業株式会社

トップページ > 環境製品 > コンクリートスラッジの再資源化システム > 環境浄化材 PAdeCS
環境浄化材 PAdeCS

環境浄化材 PAdeCS

様々な環境問題に対して、解決策を提案します。

様々な環境問題に対して、解決策を提案します。

PAdeCS®はセメント由来の高アルカリ性を示す環境浄化材料です。その性質を活かした多用途機能は、水質や土壌の様々な環境汚染問題を解決できます。粒子径の調整が可能であり、効能調整もできます。
多用途機能とは具体的には、水質汚濁物質の吸着・除去、枯渇資源であるリンの回収・リサイクル、酸性坑廃水等の中和、脱臭、消毒、セメント混和材としての利用を指します。

特長

特長

  • 1. 水質や土壌に含まれる有害物質の吸着・除去

    廃水や建設残土に含まれる有害物質を吸着・除去することが可能です。具体的にはヒ素、鉛、鉄、カドミウム、亜鉛、ホウ素、フッ素の吸着・除去が可能です。また特に夏季に湖や沼で発生するアオコも除去可能です。

  • 2. 枯渇資源であるリンの回収・リサイクル

    肥料の原料として貴重なリンを回収することができます。リンを回収したPAdeCSはPOdeCS®として、リン肥料の原料としての利用が可能であり、循環型経済の一翼を担います。リン回収・リサイクル材として、廉価に提供できます。

  • 3. 酸性坑廃水等の中和

    化学工場等の酸性排水や廃鉱山で発生している酸性坑廃水の中和剤として利用可能であり、さらに中和時に発生する澱物量を減らすことができます。従来使用されている水酸化カルシウムや炭酸カルシウムと同様に使用可能です。
    特に酸性坑廃水には有害な重金属類が含まれているケースが多く、PAdeCSは廃水の中和をしながら、同時にこれらの重金属類を吸着・除去する事が可能です。

  • 4. 脱臭

    屎尿の臭い(硫化水素等)や食物残渣の腐敗臭及びペット臭(アンモニア等)を除去することが可能です。牛舎や豚舎、食品工場での使用が容易です。

  • 5. 消毒

    高アルカリ性(pH12以上)で殺菌効果が高く、衛生的な環境を保つことができます。感染症が蔓延しやすい牛舎や豚舎等に適用可能です。
    鳥インフルエンザ発生時に使用されている消石灰の代替品として利用可能です。

  • 6. セメント混和材

    セメント由来の材料であるため、セメント混和材として利用することで強度を増すことが可能です。
    セメント少量混合成分としての利用も、十分に見込まれます。

技術開発成果

技術開発成果

  • ●東京大学大学院新領域創成科学研究科との共同研究
  • ●NEDO(平成20年度)「大学発事業創出実用化研究開発事業」
  • ●国土交通省(平成22、23、25~29年度)「住宅・建築関連先導技術開発助成事業」
  • ●経済産業省 平成28年度二国間クレジット取得等インフラ整備調査事業
    「タイのセメント産業におけるCO2回収・固定による大規模温室効果ガス削減事業及び普及促進に関するJCMプロジェクト実現可能性調査」
データダウンロード
  • ●PAdeCSパンフレットpdf
  • ●リン除去リーフレットpdf
  • ●ヒ素除去リーフレットpdf
  • ●アオコ除去リーフレットpdf